ウィルス性の首イボができたら老化の現れ?原因と治療法

MENU

早く気づいて、すぐに治療するこが大切!

肌の老化が首イボの原因といわれています。しかし実は、ウィルス性の首イボもよく起こります。ウィルスを原因としているイボは、年齢に関わりなく現れます。また、きちんと治療しなければ範囲が広がったり、悪化したりすることもあるのです。

 

ウィルス性の首イボはどのように対処すればよいのでしょうか?

 

首イボができたら老化の現れ?

高齢になると首にポツポツとイボが現れるイメージは強くありますね。そのため、もしも首にイボを見つけてしまったら、「年をとった証拠だ!」と落ち込んでしまうのではないでしょうか。ですが、首イボの原因は一つだけではありません。見た目では同じイボかもしれませんが、様々な要因と症状が現れます。

 

首にイボができた場合の原因

脂漏性角化症と呼ばれるものは、首、胸、ワキなどの皮膚がやわらかいところに発症します。良性の腫瘍ですが、大きくなる可能性があります。
大きくなったものは、スキンタッグとも呼ばれ、衣類の刺激だけでもさらに大きくなるのです。これも中高年になると数が増えると考えられています。

 

いずれも紫外線を浴びる量が多く、お肌のトラブルになってしまうことで発症するものです。

 

しかし、首のイボで見逃せないのはウィルスが原因のものでしょう。

 

ウィルスを原因とするものは、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼ばれます。

 

ウィルスの種類は、ヒトパピローマウィルスに分類されます。しかし、このウィルスは100種類にも上るため、それぞれ現れる症状に違ってくるケースもあるのです。とにかく、ウィルスがイボの原因なら、年齢は関係ありません。またうつしてしまったり、数が多くなったりと症状が悪くなることもあるので早急に治療することが必要です。

 

ウィルス性のイボは治療が難しい?

ウィルス性のイボはできるだけ早く治療しないといけません。しかし治療が簡単にはすまないこともあります。たとえば、イボの治療では液体窒素を当てる方法がポピュラーです。この方法は低温やけどのような状態にしてしまい、イボを取り去るものになります。一般的に行われている治療ですが、激しい痛みを感じて継続できない方もいます。

 

また、一度液体窒素を当てただけでは、イボを取り切れないこともあります。数回にわたっての通院が必要になる場合もあるでしょう。さらに、治療後に色素沈着を起こすこともあり、一度の治療でイボがすっきり治ってしまうとは考えないほうがよいのです。

 

色素沈着は通常自然に収まっていきます。

 

しかし、急いできれいにしたい場合などは、ハイドロキノンを使って美白するなど、対処する方法もあります。とにかく、イボの治療では回数と場合によっては期間も重要になるのです。

 

他にもこんな治療法がある

液体窒素以外にも、レーザーや内服薬での治療もあります。レーザーは傷跡も残りにくく、痛みも少ない方法ですが、保険の適用外となって費用がかかってしまうことがあります。特にイボの個数が多い場合などは、何度も通院しないといけません。

 

内服薬は、ヨクイニンビタミンなどを摂取するものですが、短期間飲んですぐに効果が出るかどうかはわからないものです。

 

ウィルス性の首イボができたら、早めに治療する必要があることを知っておきましょう。うつさないようにするためです。さらに再発のおそれもあります。

 

ウィルス性首イボは予防できる?

ウィルス性の首イボは、できた当初は気づかないほどのもので目立ちません。しかし、そのまま治療せずに放っておくと、大きくなったり色が濃くなったりなどの問題を引き起こします。早期発見、早期治療がとても重要です。

 

加齢を原因とするイボは、お肌のターンオーバーがうまくいかなくなったことで、起こる場合があります。ウィルス性の場合は、免疫力などが低下していることが要因になる場合もあります。また傷などができてしまって、免疫力が落ちている状態なら、そこからウィルスが侵入しやすくなるのです。

 

いずれの原因も、日ごろのケアで予防効果を得られることがあります。

 

たとえば、首イボをケアする専用クリームで、保湿を行うことです。紫外線にさらされやすい部位は、気づかないうちに乾燥してしまい、それがお肌のトラブルになってしまうことが多いからです。

 

免疫力をアップすることも大切です。食事をバランスよくし、睡眠時間をきちんと取ってお肌の健康を保ちましょう。健康なお肌にはイボができにくいものなのです。

 

こんな時には必ず受診を

首にできるイボは、良性腫瘍に分類されるものが多くなります。しかし、皮膚がんの症状と大変似ているものもあります。

 

イボができて痛みを感じる場合や、複数できているうちの一個だけが他のイボとは違う場合には、自己判断は避けて必ず受診しましょう。

 

まとめ

ウィルス性の首イボは、誰にでもできてしまうものです。きちんと治療しないまま、指で触ってしまうと患部が広がったり、悪化したりすることもあります。誰かにうつしてしまうこともあるのです。早く気づいて、すぐに治療することはウィルス性のイボでは大切になります。

 

予防のためにも、

  • イボケアクリームを取り入れて保湿する
  • 紫外線に当たりすぎないようにする

など日常生活で少し意識するとよいですね。

Sponsored Link