脂漏性角化症の症状と原因〜保険適用はどうなる?

MENU

脂漏性角化症は治療は簡単な部類に入る

脂漏性角化症は、別名老人性疣贅、老人性イボとも呼ばれる腫瘍の一つです。腫瘍といっても良性ですから、放置しても問題はありません。しかし、見た目の点からはとても気になるものでしょう。治療は難しいものではなく、早めに対処すればきれいに取り除くことができます。

 

脂漏性角化症の症状とは?

年寄りイボなどと呼ばれてしまうことがある脂漏性角化症は、加齢とともに増えていきます。皮膚の老化現象ですが、遺伝も大きく関係するといわれており、20代の方も発症することがあります。

 

ざらざらと皮膚が盛り上がってイボができるのが、脂漏性角化症の代表的な症状です。

首の付け根あたりから肩などにできることが多いでしょう。これは直射日光にさらされやすかったり、皮膚やわらかかったりする場合にできやすいためです。できはじめは1〜2mmとごく小さいため、あまり気にならないのです。しかし放置してしまうと、徐々に大きくなってしまいます。

 

淡褐色からほくろのように黒い色まで、様々な症状が現れるでしょう。ポツポツと隆起するものが多いのですが、中にはほぼ平らで色だけ変化することもあります。

 

痛みは基本的には表れません。ただしかゆみを伴うことはあります。

 

脂漏性角化症の原因

なぜ脂漏性角化症が現れてしまうのでしょうか?

皮膚の老化現象といわれるだけに、お肌のダメージが蓄積されて起こるのが最も大きな要因と考えられています。

紫外線を浴びてしまうと、メラニン色素が作られます。本来メラニン色素は、皮膚の中まで紫外線が入らないようにブロックする役割を果たすものです。お肌のターンオーバー時には角質とともに排出されます。

 

しかし、加齢などでメラニンの排出がうまくいかなくなると、そのままお肌に蓄積されていってしまうのです。お肌に溜まった老廃物がシミとなり、さらに脂漏性角化症へと変化していきます。

 

脂漏性角化症かどうかの診断

脂漏性角化症の見た目は、いわゆるシミ、ほくろとあまり違いがありません。また日光角化症と呼ばれる皮膚がんの前段階や、悪性黒色腫(皮膚がん)にも見た目だけでは大変似ています。つまり、首にポツポツとできているものを見つけたからといって、必ずしも良性のイボと断定できないケースもあるわけです。

 

できてしまったら、医師の診断を仰ぐほうが間違いなく安心です。

 

医師なら所見で判断できます。また疑いがある場合はダーモスコピーと呼ばれる検査を行い、皮膚のメラニン色素や毛細結果の状態を調べることができます。ジェルを塗って拡大鏡を当てるだけの傷みもない検査なので、まずは専門医に行くことをおすすめします。

 

どんな治療方法がある?

脂漏性角化症の治療法はいくつかあります。大きさ、部位、治療時の痛み、治療痕などによって適切なものを選びます。また悪性の可能性があって病理検査を行う場合は、レーザーなどでは患部を正しく診断できなくなるため、外科的手術を行うことが多くなります。

 

凍結療法

ウィルス性のイボなどと同様に、液体窒素を使って患部を凍結させる方法です。液体窒素を当てるとかさぶたができ、それが取れると脂漏性角化症も取れます。

 

麻酔は不要ですが、痛みを感じることがあります。また一度では取り切れず、数回治療を行うケースも多いです。凍結させてかさぶたを作るわけですから、瘢痕が残る可能性が高く顔の治療にはあまり用いられません。

 

レーザー治療

炭酸ガスレーザーと呼ばれるレーザーを患部に照射して除去します。レーザーによって細胞組織が蒸散させられるので、脂漏性角化症も除去されるのです。

 

要は患部を削っていることになりますが、深さの調整など繊細な治療もできるため、顔面での治療にも問題ありません。脂漏性角化症と老人性色素斑が同時にできている場合は、アレキサンドライトレーザーや、YAGレーザーなどと組み合わせて治療していきます。

 

電気外科治療

電気焼灼治療ともいわれ、電気メスを利用した切除術です。ほくろ治療などにも一般的に用いられていますね。患部の表面をごく浅く削りとるのですが、ドクターの技術に左右される部分もあります。2週間ほどで傷跡はなくなるといわれています。

 

手術による切除

脂漏性角化症が大きければ、外科的な手術で切除してしまう方法が取られます。メスで患部を浅く切除します。広範囲な切除になるなら、皮膚移植も必要になってくるでしょう。手術のあとは、2週間程度で美しい肌に戻ります。

 

専用ケアクリームなど

症状はまだそれほどでも…という場合なら、まずはイボ専用ケアクリームでケアしてみるのもおすすめです。自宅で気軽にケアできるので、忙しい方にもピッタリの方法でしょう。クリームを塗るだけと簡単なケアがほとんどです。面倒さもあまりなく、継続しやすいですね。

ただ市販されているイボのケア商品には、ウィルス性のイボを対象にしたものがあります。この方法ではサリチル酸を使用して周囲の皮膚をやわらかくして、イボを取り除くものです。脂漏性角化症でこの方法を行うと、皮膚を傷つけてしまうおそれがあります。使わないようにしましょう。

 

保険適用はどうなる?

脂漏性角化症なら、治療方法を選べば健康保険が適用されます。

脂漏性角化症と同時になりやすい老人性色素斑の治療では、健康保険は適用されません。凍結療法、電気メス・金属メスいずれもの外科的な良性腫瘍摘出時には保険対応となります。

 

ただし明らかな美容目的なら、保険対象外になるケースもあります。

レーザー治療は仕上がりが美しいのですが、保険は適用されず全額自己負担となってしまいます。個数が多かったり広範囲に患部がわたったりしている場合は、費用が大きくなってしまうこともあるでしょう。

 

まとめ

首のイボの中でも脂漏性角化症は、治療は簡単な部類に入ります。紫外線によってできたメラニン色素がうまく排出されないことで症状が出ます。

 

理想としては

  • できる前にケアをしておく
  • イボが小さい段階で専用ケア製品と取り入れる

など対策をしておくのがよいでしょう。できてしまったときにケアクリームを使ってもあまり変化がないなら、一度専門医に診てもらったほうがよいですね。