軟性線維腫の症状と治療法〜再発を予防する対策とは?

MENU

肌の老化を止めることはできなくても、遅くすることはできる

重病をイメージしてしまう軟性線維種というネーミングですね。しかしこれは、のイボの一種で、痛みは伴いません。首だけでなく、瞼やわきの下にもよくできます。痛さがないことや通常はサイズも小さいことから、できても気づかないとは言われていますが、そのままにしても問題ないのでしょうか?

 

軟性線維種はこんな症状でわかる

首、わきの下など衣類や下着の摩擦が起こりやすい部位に発症します。たとえば、脂肪がつきやすく、かつ摩擦も多いブラジャーのストラップの周りによくできることがあります。軟性線維種の症状としては、まず皮膚の突起がぷつぷつと多数出てきます。いわゆる皮膚の老化現象の一つと考えてよいでしょう。

30代以降の方によく発生し、加齢とともに個数が増えていくのも特徴です。

とはいっても摩擦の頻度が高ければ、年齢に関わらず発症してしまうこともあります。

 

軟性線維種とはどんなもの?

軟性線維種はコラーゲン繊維です。イボ自体はタンパク質をメインとして、皮膚で包まれた血管なども含まれています。つまりウィルス性のイボではなく、誰かにうつすおそれはありません。しかし、摩擦などを原因としているので、加齢とともに数が増えてしまうおそれがあるでしょう。また皮膚からぷつんと出た状態のため、衣類などに引っかかりやすく、傷になってしまうこともあります。

 

軟性線維種は治療しなくてもよい??

悪性の腫瘍などではなく、何か別の疾患を引き起こすこともありません。要は治療の必要がないイボに分類されます。そのため、発症しても日常生活に支障がなければ、健康保険の適用外の治療になってしまいます。とはいっても、見た目も気になりますから、できる範囲で治療したほうがよいでしょう。

 

皮膚科での治療法

軟性線維種を治療する際には、ハサミ、レーザー、電気メスなどで切る、液体窒素で凍傷を起こしてイボを脱落させてしまうといった方法が選ばれます。

 

いずれも治療後にお肌に傷跡や色素沈着、さらには再発などのトラブルが発生する可能性もあります。また基本的には保険適用外の治療になってしまうことが多いです。

 

治療法によって費用が大きく変わってきます。

 

複数回の手術が必要になってしまう場合もあるでしょう。また、人気の高い皮膚科や形成外科だと、なかなか手術の予約を取れないこともあります。病院選びも大切ですね。もちろん、きちんと担当医と相談の上、治療方法を選択して治療のスケジュールを決定しましょう。

 

再発する可能性が高いイボとは?

イボの形によって、再発する可能性が高いものとそうでないものがあります。

 

茎とよばれるイボの根元が少し細くなっている状態なら、切り取っても再発しにくいと考えられます。しかし、同じ太さのままぷっくりと隆起しているイボなら、除去しても再発することがあります。また傷跡も残りやすいといわれています。

 

いずれにしても軟性線維種は、加齢や摩擦が大きな原因ですから除去してもまた出てきてしまう可能性も高いものです。除去後のお肌も、何もなかったようにはならないこともあります。治療でケアして、数を減らすあるいは小さくした後に、ケアをこまめに行うことでお肌のよい状態を保つことを心がけましょう。

 

どんな対策が?

お肌の老化と摩擦が軟性線維種の最も大きな要因です。そして、いずれも対策できる方法があるので、早めに手を打ちましょう。

 

紫外線に要注意

お肌の老化は紫外線が進度を早めてしまいます。出かける際だけでなく、室内にいても紫外線を浴びることもあるのです。UVケアは顔だけでなくきちんと首まで行いましょう。お肌のターンオーバーのサイクルが整うと、イボの症状が軽減されることもあります。紫外線は、ターンオーバーのサイクルを乱す要因です。

 

摩擦にも気をつけよう

摩擦を減らすためにも、自宅ではブラジャーではなくブラトップを着用してもよいでしょう。綿のように、できるだけお肌に負担がかからない素材を選ぶのも大切です。特に皮膚がやわらかいといわれる、首やわきの下、胸などは少しの刺激も大きく伝わってしまいます。首元のラインが違う服を日替わりで着るように選んでもよいですね。

 

首のイボ対策クリームもおすすめ

角質ケアができるイボ専用クリームも、予防やアフターケアにおすすめです。軟性線維種の主な治療法である、液体窒素、ハサミで切る、レーザー、電気メスなどいずれの場合も、治療後の色素沈着が起きる可能性が高いのです。

 

茶色く残る場合や、色素が抜けてしまうこともあり、イボの範囲よりも大きな傷跡が残ってしまうケースもあるのです。期間が経ては色素沈着や傷跡も薄くはなります。ですが、できるだけ早く完治してしまいたいときには、ケアクリームを使うと効果が期待できます。

 

まとめ

軟性線維種の大きな理由である肌の老化を止めてしまうことはできなくても、遅くすることはできます。特に軟性線維種は、治療してもまたできてしまう可能性が高いものです。日常のケアが個数を増やさない、症状を軽減するヒントになりそうですね。また症状に気づいたときには、自宅ケアとしてイボ専用クリームなどを取り入れるのもよいでしょう。

Sponsored Link