扁平疣贅ができる原因と治し方〜再発しないためにも完治させる6つの方法

MENU

適切な治療ができないと痕が残ることもある

ウィルス性のイボの原因であるヒトパピローマウィルスは、とても多く100種類以上あります。ウィルスの種類によって症状やできる部位が異なっていることが多いのです。扁平疣贅(読み方:へんぺいゆうぜい)と呼ばれるイボは、顔やその付近など目立つ位置にできやすいのが特徴です。

 

扁平疣贅もウィルス性のイボ対策と同じ方法で治療できるのでしょうか?

 

扁平疣贅はどこにできる?

 

扁平疣贅は、顔にできやすいのが大きな特徴になるでしょう。

 

肌の色と同じか、薄茶色のものが多いです。イボというと、隆起しているものと連想しがちですが、扁平疣贅の隆起はごくわずかな場合がほとんどです。

 

できやすいタイプとは?

扁平疣贅は、比較的若い世代にできやすいといわれています。20代から30代までの方に多くできます。そのため青年性扁平疣贅と呼ぶこともあります。

 

高齢の方にはあまり見られません。しかし子供にもできることもあるので注意しましょう。

 

良性のものなので、特に治療をしなくても身体に悪い影響が出ることはありません。しかしウィルス性のものなので、増えてしまう可能性もあるものです。場合によっては放置後事前に消滅することもありますが、気づいたときに早めの治療をしたほうがよいでしょう。

 

ウィルス性のイボですから、治療を済ませても再発することもあります。また完治までに時間を要するケースもあるのです。

 

扁平疣贅ができる原因

ウィルスが原因ですから、接触がやはり発症の原因となります。ただ皮膚が健康、免疫力が高い状態なら、扁平疣贅がある方と接触してもすぐにうつってしまうわけではありません。傷やお肌の表面が乾燥しているなど、コンディションが悪いときに、ウィルスと接すると感染するおそれがあるのです。

 

こんな原因でもできてしまう!

傷や乾燥だけでなく、他の原因でも扁平疣贅を引き起こすケースもあります。
例えば、眉などを毛抜きで脱毛している、かみそりで傷つけてしまった場合などは、ウィルスが入りやすい状態を作り出していることになります。

 

お肌を傷つける可能性が最も低い方法で脱毛しましょう。

電気シェーバーなら、お肌に刺激を与えません。また蚊に刺された後にかきむしってしまうのも避けましょう。他には眉タトゥーを入れる場合にも要注意です。

 

とにかく、お肌の表面に過剰な刺激を与える、傷つける、乾燥させるといったウィルスが侵入しやすい状態にしないことが肝心です。

 

気になる点は?

若い方にできやすく、こめかみや頬など目立つところにできてしまいます。若いときには、ほんの少しお肌にぷつっとできただけでも、悩んでしまうものですね。そのため、どうしてもメイクで隠そうとしたり、常に触ってしまったりと、悪循環に陥りやすいのです。扁平疣贅ができてしまったときには、すぐに治療を始めましょう。

 

扁平疣贅の治し方

イボにはいくつかの治し方がありますね。治療時に痛みを伴うものや、すぐに改善できないもの、果ては民間療法まで様々です。もちろん自分が治療しやすいと感じる方法を選ぶことが大切ですね。適切な治療法を選んですばやく対処したいものです。

 

専門医を受診

 

数が多い場合や、気になる症状がある場合などはまず皮膚科など専門医を受診しましょう。基本的に扁平疣贅は良性です。通常は成長とともに自然治癒すると考えられています。しかし、ウィルスを原因としているため、範囲が広がったり数が増えたりすることもあります。専門医での治療で、症状を少なめに抑えたほうがよいこともあるのです

 

液体窒素

専門医で行われる液体窒素を患部に塗布する治療法です。低温やけどを起こしてイボを取り去ります。その後新しい皮膚が再生することで治療が完了します。年齢を問わずウィルス性のイボ治療には最も採用されている方法です。

 

ただし、イボを取ってしまうまでに数回液体窒素を塗布しないといけない場合もあります。また、痛みを伴うこともあり治療を続けるのが困難なこともあります。

 

レーザー治療

イボの部分にレーザーを照射して治療していきます。イボを丸ごとくりぬく方法です。液体窒素での治療に比較して、痛みなども少なく安心して受けられます。出血もあまりありません。しかし、治療後にシミができやすいなど、デメリットがないわけではありません。専門医と十分相談の上治療法として採用するかどうかは決定したほうがよいですね。

 

クリームなどで自宅ケア

イボ専用のクリームで、自宅ケアをするのもよいでしょう。扁平疣贅は加齢とともになくなっていくものです。クリームを利用して、保湿を心がけウィルスが広がりにくい状態にお肌を整えます。ただし、自分でケアしていてもイボの数が増えた場合などは、専門医にすぐに相談しましょう。

 

内服薬による治療

イボの治療では一般的にヨクイニンを内服することが多いのです。ハトムギと聞いたほうがなじみはありますね。免疫力の向上や吹き出物のケアに効果が期待できます。

 

ただ液体窒素での治療のように、患部に直接何等かの治療を施すわけではありません。免疫力を高めて、ウィルスの力を弱めていくものです。すぐにイボがなくなったとは感じられないこともあります。

 

再発しないためにも

 

紫外線対策

紫外線は、イボに関わらずお肌には大敵といえるでしょう。衣服できちんと覆う、日焼け止めを使うなどして対策しましょう。紫外線にずっと当たると皮膚が弱ってしまい、抵抗力も下がります。抵抗力が下がったお肌は、当然ウィルスに感染しやすくなるわけです。

 

傷口に注意

実は扁平疣贅の感染経路は現代医学でも諸説あるところです。原因となるヒトパピローマウィルスは、体内だけでなく自然界にも存在しているため、どこから来たものなのかを突き止めるのが難しいこともあります。

 

そのため、ウィルスなどが侵入しやすい部分を作らないことが大切です。顔や手などさらされやすい部位に扁平疣贅はできやすいので、できるだけ傷を作らない、できてしまったらきちんと手当するようにしましょう。

 

ニキビなど肌トラブルをきちんとケア

扁平疣贅ができやすい年代は、まだまだニキビのトラブルも起こりやすいですね。ニキビもできるとついつい触ってしまいますし、つぶしてしまうこともありますね。清潔でない手で触ってしまうと、化膿してしまうこともあります。こういったトラブルも、ウィルスを侵入させる元ですから、ニキビはきちんとケアしましょう。

 

摩擦しすぎない

お肌を摩擦しすぎると、必要な角質もはがれてしまいます。クレンジングや洗顔時はできるだけソフトに、力を入れずに行いましょう。お肌を守る角質層にトラブルが発生すると、無防備な状態になるのです。ウィルスに限らず、外的要因にお肌をさらさないためにも、くれぐれもこすらないように心がけましょう。

 

セルフケアを心がける

イボを見つけた時にそのままにせず、すぐにセルフケアをするようにしましょう。数が少なく、大きくならないうちに専用クリームなどで保湿するだけで、症状を軽減させられます。お肌の状態をこまめにチェックし、トラブルに気づいた段階でケアをスタートしましょう。

 

ホルモン分泌のためにも睡眠を十分とる

免疫力アップやお肌によいホルモンをきちんと分泌させるためにも、睡眠はしっかりとりましょう。シンデレラタイムといわれる午後10時から午前2時はきちんと眠っておくのが理想です。

 

とはいっても、なかなか早く眠れないこともあります。4時間のうち少しでも長く睡眠時間を取れるように調整するとよいですね。

 

まとめ

若い世代にできやすいこと、目立つ部位にできてしまうことなどから、扁平疣贅自体の症状はそれほどひどくなくても、大きな悩みになりがちです。感染経路は明確にわからないため、はっきりと予防する方法もありません。

 

紫外線に気を付ける、摩擦を避けるなど基本的なケアは扁平疣贅のあるなしに関わらず、お肌のために行いましょう。

 

また扁平疣贅ができた時に適切な治療ができないと、痕が残ることもあります。無意識に触ってしまうところでもありますので、早めの対策や専門医での治療をスタートすることをおすすめします。

Sponsored Link