イボの種類

MENU

イボの種類記事一覧

ウィルス性のイボの原因であるヒトパピローマウィルスは、とても多く100種類以上あります。ウィルスの種類によって症状やできる部位が異なっていることが多いのです。扁平疣贅(読み方:へんぺいゆうぜい)と呼ばれるイボは、顔やその付近など目立つ位置にできやすいのが特徴です。扁平疣贅もウィルス性のイボ対策と同じ方法で治療できるのでしょうか?扁平疣贅はどこにできる?扁平疣贅は、顔にできやすいのが大きな特徴になる...

尋常性疣贅(読み方:じんじょうせいゆうぜい)は、いわゆるイボです。人乳頭腫ウィルスの感染によってできる良性な腫瘍になります。良性ですが、見た目はとても気になるものです。またウィルス性ですから大きくなったり、数が増えたりする可能性もあります。何とかして治したいと思うものですが、治療法や対策にはどのようなものがあるのでしょう。症状の主な特徴は?表面はつるっとしておらず、ガサガサとした状態で、小さな黒い...

名前の通り年齢を重ねた方にできるイボが老人性疣贅です。しかし老人という名前にも関わらず、年齢に関係なく発症してしまうこともあるものです。加齢によって発症する確率は高まるものの、無意識に発症する原因を作り出すと、若くても老人性疣贅に悩むことになりかねません。原因や症状、予防やケアをきちんと知っておきましょう。どんなものが老人性疣贅?ポツポツと顔や首にイボが現れたら、それが老人性疣贅です。良性の腫瘍で...

重病をイメージしてしまう軟性線維種というネーミングですね。しかしこれは、首のイボの一種で、痛みは伴いません。首だけでなく、瞼やわきの下にもよくできます。痛さがないことや通常はサイズも小さいことから、できても気づかないとは言われていますが、そのままにしても問題ないのでしょうか?軟性線維種はこんな症状でわかる首、わきの下など衣類や下着の摩擦が起こりやすい部位に発症します。たとえば、脂肪がつきやすく、か...

懸垂性線維種はイボの一種です。首のイボとしてよく知られていますが、わきの下などにもポツポツと多発します。いわゆる老化現象として、加齢とともに個数が増えてしまう方もいる一方で、高齢の方でも一切できない方もいます。うつるものではありませんが、個数も多くなりやすく、目立つので治療したほうがよいケースもあります。懸垂性線維種はどんな症状?イボは皮膚の一部なわけですが、様々な症状が現れます。加齢が要因となる...

首から胸元にできるイボの多くがこのタイプといわれています。首、胸以外にも脇やまぶたの下、太ももの付け根などの皮膚が柔らかい部位にできやすくなります。他にも手や腕、背中にもできることがあります。どんな症状?複数あるイボの種類でも、小さめです。数ミリから1cm程度のものがほとんどになります。ほぼ平らな状態のものだけでなく、ポコッと盛り上がった形になることもあります。肌色だけでなく、茶色や黒っぽいものな...

稗粒種(読み方:はいりゅうしゅ、またはひりゅうしゅ)は、白くプツプツとした状態で、顔や首、などに発生します。イボの一種に分類されますが、ニキビにも近いと考えられています。特に目の周りに多発しやすいのが特徴です。ニキビやけがなどの痕にできることが多いといわれています。ただ、あまり研究されておらず、実ははっきりとした原因がわからないものです。大きさは1〜2mmなのであまり気にならない方もいるでしょう。...

肌の老化が首イボの原因といわれています。しかし実は、ウィルス性の首イボもよく起こります。ウィルスを原因としているイボは、年齢に関わりなく現れます。また、きちんと治療しなければ範囲が広がったり、悪化したりすることもあるのです。ウィルス性の首イボはどのように対処すればよいのでしょうか?首イボができたら老化の現れ?高齢になると首にポツポツとイボが現れるイメージは強くありますね。そのため、もしも首にイボを...

脂漏性角化症は、別名老人性疣贅、老人性イボとも呼ばれる腫瘍の一つです。腫瘍といっても良性ですから、放置しても問題はありません。しかし、見た目の点からはとても気になるものでしょう。治療は難しいものではなく、早めに対処すればきれいに取り除くことができます。脂漏性角化症の症状とは?年寄りイボなどと呼ばれてしまうことがある脂漏性角化症は、加齢とともに増えていきます。皮膚の老化現象ですが、遺伝も大きく関係す...

痛みやかゆみがなく、大きさは1〜2mm程度で突起状のイボが首回りや顔にできたら、それは糸状疣贅です。肌と同じ色や、褐色のことが多く、先端がとがって花のつぼみのようにも見えます。見た目もよくないイボですが、どうしてできてしまうのでしょう?また適切な治療法やケアはあるのでしょうか。こんな時に糸状疣贅ができてしまう糸状疣贅は、ウィルスを原因としてできるイボです。傷や加齢などお肌の状態がよくない場合にウィ...

首にできてしまうイボでは、ウィルス性のものとそうでないものがあります。アクロコルドンは、首や脇、鼠径部など皮膚のやわらかいところに発症します。イボも柔らかいのが特徴で、多くは肌色をしています。ですが一部褐色になるケースもあります。2〜3ミリ程度の大きさのものがほとんどでしょう。加齢によって増える傾向にあるのは、スキンタッグなどの首のイボと同じと考えられます。またアクロコルドンは、女性や肥満気味の方...