小さなイボなら自分で治しちゃおう!自宅でできるイボのケア方法とは?

MENU

小さなイボなら自分で治しちゃおう!自宅でできるイボのケア方法とは?

できたイボをどうなおす?

小さなイボなら自分で治しちゃおう!自宅でできるイボのケア方法とは?

イボができてしまった・・。イボは見た目もさることながら、ネックレスに引っかかったり指が当たったりと不便なこともあります。大きくなったイボは安全面を考えても病院で切除した方が良いといえます。ですが首にできたイボがまだ小さく数も少ない時には、スキンケアで消えてしまうこともあるようです。

 

もちろん人によって個人差がありますが、自分で治せてしまったらその方がよいですよね。自宅でスキンキアをしたらイボがとれた!という声もあるので可能性にかけて試してみるのも良いかと良い思います。具体的に何を使ってイボのケアをすることができるのか見てみましょう。

 

自分でイボを治す方法

 

・「艶つや習慣」を使って治す

 

「艶つや習慣」はオールインワンジェルで塗るだけで首イボを治したいという方にお勧めです。特徴は角質除去と皮膚をなめらかにするスキンケアが同時にできることです。イボに効くハトムギエキスとあんずエキスが配合されています。ジェルの色は鮮やかなオレンジ色なのでビックリするかもしれませんが、天然由来の色素なのでお肌にも安心して使うことができます。

 

ジェルの中には他にも、プラセンタエキス・アロエベラ・ヒアルロン酸・コラーゲンなど美肌成分もたっぷりと配合されています。ですからイボ取りの効果だけでなく、毎日の美肌ケアにも使うことができて一石二鳥です。イボができているところだけでなく、全身に使えます。

 

容量は120gで通常価格は3,693円(税込み)なのでコスパも悪くありません。実際に使ってみた方は「使い始めて2種間くらいしたら明らかにお肌がツルツルになった」と評価しています。「艶つや週間は」皮膚を柔らかくするので、硬くなったイボや角質を柔軟にして除去してくれる効果が高いといえます。

 

・「シルキースワン」と使って治す

 

シルキーワンは朝用と夜用の二つのジェルを使ってスキンケアします。1か月使用する場合には15日分×2個入りのセットでの購入となり値段は9,800円(税抜き)です。シルキーワンもジェルタイプの化粧品です。トロリとしていての伸びの良さが特徴です。肌への馴染みも良くスーッとすべるように浸透します。

 

少しの量でも十分伸びるので指にとる時には第一関節くらいまでの量でも十分でしょう。ジェルには北海道産のヨクイニンエキスとハトムギ種子エキスが配合されているので高い効き目を期待できます。

 

さらにお肌の張りや潤いを保たせてくれる、プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸・杏仁油・スクワランが含まれていますし、肌トラブルに効果のあるビタミンCやカンゾウ根エキス・ドクダミエキスなども配合されています。イボの除去と共にイボができにくい肌にするための美容成分もはいっているので、予防としても効果が期待できるといえるかもしれません。

 

・ハトムギ化粧水を使って治す

 

イボに効くとされる化粧品はたくさんありますが、ハトムギ化粧水はその中でも有名で長い間多くの人に利用されています。ハトムギの中に含まれるヨクイニンの成分は肌の再生を促してくる働きをするので、市販薬の中にも含まれていることがほとんどです。化粧水ですので、さらっとしていてお風呂上りにさっと塗ってもべたつきません。

 

このハトムギ化粧水は大容量サイズで562円とコスパもいいです。値段を気にせずにバシャバシャ使えるので安心です。多くのイボ治療製品のなかで良いものを選ぶにはヨクイニンやハトムギといったイボに効く成分が含まれていることを確認すること、そしてそれが成分表のなるべく上位の方に表記されているとたくさん含有されていることの証拠なので、大した違いはないけど、何を使おうか悩んでしまったときにはそこを見るとよいでしょう。

 

・市販のイボクリームを使って治す

 

塗るだけで首イボを治す効果があるといわれているのは市販のイボクリームです。クリームを選ぶときにも角質を柔らかくしてくれるヨクイニンが配合されているものを選ぶのがおススメです。これはイボ専用のクリームなので、イボができているところだけに使用します。

 

病院でも塗り薬を使った治療が行われることがありますから、それが病院にいかずとも自分でできてしまうのは嬉しいですね。薬局で市販されているイボクリームは病院で処方されるものより効き目が落ちるかもしれません。即効性はあまり期待できないですが、続けていくことで効果がだんだんとみられるでしょう。

 

・ヨクイニンを飲んで治す

 

イボの改善に効果のあるヨクイニンを飲んで、体の中からケアするという方法もあります。ヨクイニンが配合されたサプリメントや漢方薬はたくさんあるので、その中から自分で飲みやすいなと思うものを選ぶことができます。値段や配合されている他の成分や添加物を比べてみてください。大体1〜2か月飲み続けるとぶつぶつが治るといわれています。

 

自宅でのスキンケアでイボがとれたということも実際あるので、スキンケア化粧品やクリーム、サプリメントなどを試してみるのも良いかと思います。その際にはヨクイニン成分が配合されている製品を選ぶのがおススメです。